読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鴨川にあこがれる日々

軽い技術っぽい記事かいてます

国際会議でイギリス

バンケット会場
f:id:another16javac:20170210075824j:plain
f:id:another16javac:20170210075652j:plain


会場の周辺施設

f:id:another16javac:20170210075439j:plain
f:id:another16javac:20170210075546j:plain
f:id:another16javac:20170210075011j:plain
f:id:another16javac:20170210075145j:plain
f:id:another16javac:20170210074838j:plain


はじめに

WSDM 2017 – The 10th ACM International Conference on Web Search and Data Miningf:id:another16javac:20170210074605j:plain

WSDMという国際会議の併設のワークショップに論文が通ったのでイギリスのケンブリッジという都市に来ています.DNAの2重らせん構造をみつけたワトソンとクリックがランチしたEagleというパブがあったり,いたるところに教会や大学がある都市です.

この会議には主にデータマイニング系と検索系の人が参加しているようです.今年の論文の採択率は15.9% (!!!!).来年はロサンゼルス,再来年はメルボルンだそうです.

ここでは準備の話をかきます.

本題

WiFi

現地で道に迷ってもいいようにネット環境を用意します.
調べた範囲では

各キャリアの海外プラン > ポケットWiFiレンタル > 現地でsim cardを調達

の順で高いです.ポケットWifiはかさばる,充電が2,3時間しかもたない,保険に入らないと弁償しないといけないといったデメリットがあるのでsim cardを海外で調達しました.アメリカなどと同様に空港にsim cardを売ってる自動販売機があるので,それを買ってスマホにさせばすぐに使えます.2000円以内で1GBの通信できます.

現金

いろいろ調べたところ,海外でクレジットカードからポンドを下ろすのが一番安く交換できるのですが,面倒だったので,空港で交換しました.日本と違ってイギリスは公共交通機関の自動販売機ですらクレジットカードが使えるのでほとんどいりません.自分が現金が必要になったタイミングはご飯を割り勘するときだけでした.

クレジットカード


デビットでもいいかもしれませんが,絶対に必要です.航空券やホテルの予約で必要になることがあります.念のため異なる2種類のクレジットカードを用意しました(VISAとamazonのmasterカード).

自分がつらかったのは,作ったカードは1月あたりの上限額が10万円に設定されており,航空券だけで10万円超えて払えず色々と指導教官にめんどうをかけたので,上限を上げておいたほうがいいです.

変換プラグ

イギリスは日本のコンセントが使えないのでBFタイプの変換プラグが必要になります.また海外に行く気がしたので,複数の変換プラグが同時に使えるものをドン・キホーテで買いました.

英語

私は英語が壊滅しています.以前他大学の方がACLに行く前にDMM英会話をやっていたので,自分も30日間やりました.非ネイティブの英語がぎりぎりわかるくらいで,ネイティブや英語に音が近い言語の方の英語は音を認識できないので厳しいです.どうしたらいいんでしょうかね.

歯ブラシ

日本のホテルにはありますが,アメリカとイギリスで泊まった場所にはなかったです.

ボールペン

入国カード書くのにいるので機内に持ち込んだほうがいいです.空港で書く場所がなかったです.

その他

衣類圧縮袋

なんだかんだで衣服がかさばるのであると便利です.自分はこれをかいました.

カナル型のイヤホン

耳栓の代わりです.飛行機はうるさいのであると便利です.

事前手続き

大変感謝していますが,所属研究科の出張手続きが煩雑すぎて行くのやめたくなるレベルでした.