5月の振り返り

技術的なこと

4月から深層学習のフレームワークであるkerasにはまり,片っ端から基礎的なニューラルネットの記述をしていたので,その続きをしていました.
そんなところ4月末くらいに機械学習勉強会に参加されている先生から「kerasのチュートリアルやってよ」みたいなことを頼まれたので引き受けて,それを作っていました.2週間くらいかかったと記憶しています.
github.com

あとkerasが流行ってほしいと思い,Qiitaとはてなブログにそれぞれ5記事,1記事を投稿しました.

生活的なこと

来年には就活があるので,夏のインターンシップに応募する時期になりました.
5月頭からぼちぼちと募集していました.

docs.google.com

雑感

大学入学前に地元の図書館で借り,その後も文庫も買って2回ほど読み直した本に「喜嶋先生の静かな世界」というものがあります.

主人公とその指導教官の自伝的小説になっていて,大学院生の生活がとても魅力的に感じられました.
現実の大学院もこんな感じだったらどんなに幸せかと思っていましたが,しかし現実は全くそんなことはありませんでした.(当然?)
高校生のHRのような研究に1mmも役に立たない講義に研究する時間を奪われています*1
6月が終われば必修講義がだいぶなくなるので,それまでの辛抱だと思ってやるしかありませんが.

*1:その他に教員の分野の国際会議を選んで読ませる講義がある,もちろんためになる講義もあるが多くはない