読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鴨川にあこがれる日々

軽い技術っぽい記事かいてます

まちとしょテラソ:レビュー

初、図書館レビューです
どんな事書けばよいのかはこれから模索していきます、
お付き合いください。

今回は事前に図書館側には見学します、とは言わずに訪問してきました。
(言っておくと行くと対応が変わったりするんですかね?)


夏季休暇中にまちとしょテラソに行ってきました

どこ?
長野県小布施町にある町立の図書館です。
今回は自動車で行きました。
公共機関では少しアクセスしにくいかもしれません。
小布施町は栗がおいしいところです

なんで行ったの?

  • 存在は先輩から聞いた
  • 地元からやや近かった
  • Library of the Year 2011の大賞を受賞していた
  • 町立図書館を見たことがない


当日の様子など
小布施駅から歩いてすぐのところ。
役所など、行政機能や小学校と近い場所に立地していました。

近づくとこういった看板が。


正面から


となりには学校のグラウンドがあります(サッカーボールが飛んでくることはないのかと不安になりました)

最初はカウンターにはいかず館内をうろうろしていました。

しばらくしてから受付で見学と写真撮影の許可をもらいに行くと、テラソの紹介資料が入ったオリジナルの封筒をいただき驚きました。
許可証もらい、見学を続けました。


館内に入ってからまず思ったことは町立図書館ということもあり、小さかったことです。
事前に見た写真よりもそんな印象を受けました。
そのためか、利用者の方が多いように感じました。
閲覧席と多目的室がほぼ埋まっていました。
主に学生でした。
館内は水筒やペットボトルのようなふたを閉められる容器の飲料は持ち込み可能でしたので、勉強スペースとしては快適な印象を受けました。
まだ学生が多かったのは夏季休業中だったのかも知れません

絵本・紙芝居がある児童コーナーは床に寝そべることができ、小学生低学年かそれよりも小さい子たちがiPadで遊んでいました。
数台あるようで、使える時間が決まっているようで、次の使える順番を待つ子もいました。
SonyReaderも複数台あり、受付で申請すると使えるようでした(どこからかの寄付のようでした。)


入り口にあったコーナーで主に小布施や長野県、デザインに関係する書籍やテラソグッツを購入することができます。


館内にこういった作品がいくつか展示してありました。
外観内装展示物からもデザイン性にとんだ図書館だと思いました。

館内の右隅にあったクッション。結構大きいです。
小さい子がこの上で本を読んでました。


レファレンスデスク、調査閲覧室、事務室、多目的室がこのあたりにあります。
パッと見たところレファレンスの場所と受付で計3人の方がいました。
PCは基本的にMacでした。

開架書架です。
正面から見て逆三角形をしています。
書架の間にも座るところがあり、書架のすぐそばで本が読めます。

横から見た開架書架
アルファベットで列が割り振っています。
整理の際や、蔵書を探すのに便利だと思いました。

視聴覚用のPCです。
穴から見えてしまうのですが、館内のデザインとしてそういう形なんだと思います。

すぐそばにあった論文やデザイン関係の書籍です。
なんであるのかきけばよかったです。

学習用のPCで使用時間に制限はなかったと思います。
Macです。
午前11時くらいでしたが、利用している方はいませんでした。

テラソには検索システムが確認しただけで3つあります。
1.蔵書検索(一般的Webページからも使えます)
2.連想検索(以下で説明)
3.新書検索(*正式名称はわかりません、mapのように分野ごとで検索ができるものでした)

2.について
名称:想ーIMAGINE まちとしょテラソ
神保町や文化遺産など、検索語に対して複数のサイトからの結果を表示するものです。
Webでも使用できますが、テラソに行った際にこんなものがありました。


[f:id:another16javac:20120826110038j:w640]


「想」が映し出された画面と新書のある本棚、謎の木版です。

本棚から一冊選び、木版に置きます


すると、タイトルを検索した結果が表示されます。
仕組みがさっぱりわかりませんでした。
二冊おくと検索結果の数が減っていたのでandなのかな〜
とか、この本棚にない新書を置いてみると検索されなかったので、システムに登録をしないといけないのかな〜とか悩んでいました。



写真は以上です。

館長さんとテラソのデザイナーは一般公募で集まった人の中から決まったので、公立図書館の中では少ないことなのかなと思いました。

町立図書館ということで、蔵書数は8万点(比較対象としてつくば市立中央図書館は50万点)ですが、地域の密着が高いことと、検索システムの質やデザインなど町立=小規模と思わせないサービスがあり、驚きました。
ワークショップや講演会もあるようです。

写真等はテラソのWebページにきれいなものがありますのでそちらも見てみてください

夜はライトアップするようなのでまた、旅行のような形で小布施町に行きテラソに足を運びたいと思います。